HOME > ARCHIVES > 個人誌「劇伴倶楽部」 > 劇伴倶楽部 Vol.14 THE MUSIC OF YAMATO(1974) ~宇宙戦艦ヤマト(1974)の音楽世界~

劇伴倶楽部 Vol.14 THE MUSIC OF YAMATO(1974) ~宇宙戦艦ヤマト(1974)の音楽世界~

2017.12.30発行(コミックマーケット93) A5版94ページ ※第2版在庫あり
劇伴倶楽部 Vol.14 THE MUSIC OF YAMATO(1974) ~宇宙戦艦ヤマト(1974)の音楽世界~

【内容】
・作品データ
・宮川泰と『宇宙戦艦ヤマト』の音楽
・『宇宙戦艦ヤマト』と私
・主題歌解説
・パイロットフィルムの音楽
・音楽解説
・BGMリスト
・BGM解説
・各話使用BGMリスト
・DISCOGRAPHY ~極私的ヤマト音盤ヒストリー~

『宇宙戦艦ヤマト』第1作の音楽研究本。
TVシリーズ第1作の音楽のみを取り上げ、『さらば宇宙戦艦ヤマト』以降の音楽は扱っていない。
また、1977年発売のドラマ編LPと「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」、1977年公開の劇場版第1作とオールナイト・ニッポンのラジオドラマの音楽も取り上げていない(本当は取り上げるつもりだったが、時間が足りなくてあきらめた)。TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』第1シリーズで使われた主題歌とオリジナルBGMのみに特化した研究本である。

パイロットフィルムの音楽解説、BGM音楽マスターに記録された宮川泰の録音クレジットの紹介など、これまで『ヤマト』の解説本や音楽商品などで取り上げられなかった情報も記載した。

本放送時に『宇宙戦艦ヤマト』に夢中になり、研究活動を始めた腹巻猫の個人的体験をまじえて、『ヤマト』の音楽について語ったものである。


正誤表

初版[2017.12.30]-----------------------------------------------------------------------------------

P03 「Introduction」[1877年公開の]⇒[1977年公開の]
P03 「目次」[曲私的ヤマト音盤ヒストリー]⇒[極私的ヤマト音盤ヒストリー]
P14 「●オープニングのヴァリエーション」の下から3行目
   [頭に短いブリッジがつく」⇒上の記述とダブるので削除
P30 A-5の解説最下行[アップテンポの後半]⇒[アップテンポの前半]
P33 F-1A/Bの解説下から6行目[迎撃するために]⇒[迎撃するために出撃する場面に]
P34 上から2行目[考えると、]のあとに[「F-1」がクレジットミスで]を追加。
P36 J-2(2)の解説4行目[更新する]⇒[交信する]
   同じく5行目[第26話]⇒[第25話]
P41 エンディング各種の解説5行目[後半はまた]⇒[後半または]
P42 コード各種の解説4行目
   [コードAとコードBとコードCbは]⇒[コードA、コードB、コードBb、コードCは]
   解説本文のあとに下記を追記。
   「なお、第8話~11話のオープニング冒頭に使用されたショックBGMはコードBbの後半部分である。」
P44 最下行[この版]⇒[この]
P46 表中、使用順8の使用場面 [発つ]⇒[立つ]
P52 表中、使用順12の使用場面 [艦隊]⇒[艦体]
P52 表中、使用順3の使用場面 [相当]⇒[総統]
P70 フォノシート『宇宙戦艦ヤマト』解説
   [TVと同じキャストは富山敬のみ]
  ⇒[TVと同じキャストは富山敬とスターシャ役の平井道子のみ]
P89 本文2行目「TERNAL EDITION」⇒「ETERNAL EDITION」
P92. 「奥付」[劇伴倶楽部 Vol.13]⇒[劇伴倶楽部 Vol.14]

※ほか「てにをは」の間違いや明らかな誤記等がありますが省略しました。

以上は「第2版[2018.02.18]」で修正済みです。